身に覚えのないサイトやサービスの利用料を請求してくる詐欺

架空請求は、身に覚えのないサイトやサービスの利用料を請求してくる詐欺ですが、何故身に覚えのないとことから、メールが送られてくるのか疑問に思ったことはありませんか?実は、悪質サイトは色々な方法で個人情報をうまく入手しているのです。
例えば、出会い系サイトのサクラです。
出会い系サイトのサクラといえば、甘い言葉で誘惑してお金を搾り取るだけが仕事だと考えがちですが、個人情報を聞き出すのもサクラの仕事の一つなんです。
「このサイト通してじゃなくって、直接○○さんとやり取りしたいんで、直アド教えてくださいっ」や「○○さんが直アド教えてくれたら、私も教えちゃいます」といった相手が喜びそうな言葉で巧みにメールアドレスを聞き出します。
しかも、いつでも使い捨て自由なフリーメールではなく携帯のメルアドを教えてしまう人も多くいるようです。
そして、メールアドレスだけでなく、会うまで秒読みのような雰囲気に騙され、氏名や携帯電話番号まで聞き出されてしまう人も。
これらの情報をサクラは悪質サイトに売るのですが、出会い系サイトで入手した情報ということで、悪質サイトは出会い系サイトの架空請求をどんどん送ってきます。
また、懸賞サイトなどを装い、メールアドレスなどを入手している悪質サイトがあります。
懸賞は種類も数もとても豊富で、人気があります。
しかし、よく考えてみると大手メーカーはともかく、小さく無名な会社が本当に豪華商品を応募者に渡しているのでしょうか。
小さく無名な会社は、豪華商品をプレゼントしてもなんのメリットもないはずです。
つまり、懸賞を装った悪質サイトということになります。
懸賞に応募するときは、ほとんどの人が当選したときのことを考え、本当のメールアドレス、住所、電話番号、氏名を記入してしまうので、それを悪質サイトは狙っているのです。
このようにネット上の小さな懸賞まで公正取引委員会も監視できないのをいいことに、懸賞サイトを装った悪質サイトが増えています。
なるべく大手メーカーキャンペーン以外は懸賞に応募しないといった方法で注意してくださいね。